肩関節周囲炎(五十肩、四十肩)

肩が痛い、腕が上がらないといった50~40代の肩関節周辺の組織に炎症を起こす病気で肩関節周囲炎と言います。
50~40代を中心に多く発症することから「50肩」「40肩」とも呼ばれています。
普段の生活で肩が痛い!
先日も若松河田から患者様がいらっしゃいましたダンボール箱を持ち上げようとした時に右肩から腕の激痛がはしり肩を動かすことが困難な状態でひどい拘縮状態が見られましたがらいおん整骨院にて肩周辺の筋(棘上筋、棘下筋、小円筋、上腕二頭筋、烏口腕筋、三角筋前部繊維)を深層筋治療したところ肩の痛みが軽減し動きも回復が見られました、感者様に大変喜んで頂いたのですが、普段肩の筋肉や腱を動かさずにいると肩周りの筋肉や腱が硬くなり循環が悪くなり肩可動域が狭くなり拘縮が起こり(筋肉などの組織が収縮された状態)急に日常生活動作の際に激痛が起こります。恐いですね!
とかく現代人は読書・パソコン・運転・書き物など前屈みの同じ姿勢をとることが多く、普段からのストレッチや肩を冷やしすぎないことも予防になります。
 

そこで!らいおん整骨院では!!
最新の深層筋治療によって肩関節周囲炎の血液循環を改善し、原因筋に対して繰り返しの治療と症状にあった刺激にて痛みや拘縮に対して効果を挙げております。
新宿曙橋の四十肩・五十肩治療
五十肩を予防するトーレニング!

体を動かし肩関節の筋肉を普段から鍛えておきましょう。前述のように50歳前後の人に多く、肩関節や体を動かさない人に比較的多く見られます。50肩を予防するには、普段から肩関節を中心に体を動かし周囲の筋肉をある程度鍛えておくことが大変効果的です。特に鍛えたいのは棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋などのインナーマッスルです、インナーマッスルは最近よく聞くことが多いですが、肩の細かい動きに活躍しており、肩は筋肉によつてぶら下がっている状態なので、これらのどの筋肉が悪くなっても肩の動きに影響が出てしまうのです。このインナーマッスルをも治療出来るのが東京らいおん整骨院曙橋こだわりの深層筋治療!!

新宿曙橋らいおん整骨院では筋肉の治療(五十肩、肩関節周囲炎)を専門に行っています。
お気軽にご相談下さい。
五十肩、四十肩・新宿曙橋