膝痛に多い変形膝関節症
原因は!!

関節の軟骨が何らかの原因(主に筋肉)で弱くなることによって起こりやすくなります。

「年だからしょうがない・仕事上膝(ひざ)に負担がかかっているからしょうがない」

・・・とあきらめていませんか??

●階段の上り下りで痛い
●長く歩くと痛い
●しゃがむと痛い
●正座が出来ない

※上記の症状の原因は筋肉です。

ひざ(膝)ひじ(肘)の関節痛
どんな病気?!!

関節の軟骨が破壊されて関節全体が退行する病気です。特に膝は体重を受ける関節でありよく起こります。

症状の現れ方

もつとも多い自覚症状は痛みです。

特に初期の場合は動作を始める時に痛いです、日本人の場合には0脚が多いので荷重は関節の内側に集中し、痛みが起こります。女性に多く発生し、特に肥満になっている人に多く起こります。
病状が進行すると膝関節を完全に伸ばすことが出来なくなっている人に多く起こります、同時に腫れを伴うことが多く、関節水腫(膝に水がたまる)が出来やすくなり、曲げることも困難になります。
さらに変形が進むと関節が側方にぐらつく用になります。(側方動揺性)

一般的な治療法は!!

まずは保存療法を行います。膝関節の負担を軽減させるために体重を減らします。
後は太もも前面の筋肉(大腿四頭筋)の訓練です。これらで治療効果が無ければ手術の適用になります。

そこでらいおん整骨院では!!

一般的な治療法はもちろん、最新の治療法である深層筋治療(mpf)、マイオセラピー治療を取り入れています。「痛みの原因の70~80%は筋肉から出ているといわれている」ように、筋肉をあらゆる角度からほぐし循環の改善と痛みの改善に向けて治療していきます。

関節や靱帯に 異常がない場合膝痛の原因は筋肉が硬くなり、血液の循環が悪くなることがほとんどです。
新宿曙橋らいおん整骨院では、筋肉の治療を専門的に行っていますのでお気軽にご相談下さい。

らいおん整骨院の骨盤矯正