骨盤矯正(出産後含む)

妊娠から出産までの間に、急激な姿勢の変化、出産時の骨盤開閉メカニズム、出産後の生活変化によって骨盤が変化します。

出産前は産道を確保するために恥骨結合や仙腸関節等を中心に全身の靱帯がゆるみ、産後1ヶ月~1ヶ月半ほどは骨盤の骨と骨をつないでいる靱帯が非常に弱い状態ですまた、出産後6ヶ月程度は、ホルモンバランスの影響で全身の関節がゆるい状態になっています。

この時期に悪い姿勢などを繰り返したり、授乳や抱っこ、今までとは違う荷物を持つたりすると・・・強いゆがみをつくってしまう原因になります。

骨盤は産後自然の力で、ある程度元に戻りますが出産前の状態には戻りにくく骨盤が広がったままだと、内臓を守ろうとする機能が働き、余分な脂肪がついたり、O脚になったりと体型が崩れる原因になります。

またしっかりケアしないと、歪んでしまい、首・肩こり・頭痛・腰痛・むくみ・冷え性・下半身太りなどさまざまな症状につながります、逆を言えば骨盤の歪みを整えることでこれらの症状解消につながるはずです。

そこで新宿らいおん整骨院では!!

深層筋治療により骨盤周辺の硬くなった筋肉の原因筋(筋硬結)に働きかけ筋肉を緩め歪みを矯正し骨盤のバランスをとり、股関節の調節をし、さらに体幹とのバランスをより良く改善し患者様のお体にとって自然な状態へと改善していきます。

新宿、骨盤矯正治療
らいおん整骨院の骨盤矯正