マイオセラピー療法

脊柱をバイブで刺激して、神経根の血流を改善!!

神経には『 3つの種類 』があります。

1つ目が、運動神経

これが悪くなると支配している筋肉が硬くなり、これがコリで、慢性化すると筋硬結という石の用に硬い固まりになる。

2つ目が、知覚神経

筋肉が硬くなることにより支配領域にシビレや痛みなどの異常感覚症状が生まれる。そしてそれが長期にわたると、慢性的な痛みえと変わっていく。知覚神経の分泌する神経ペプチドは不足すると肌や結合組織などの脆弱化が起こり皮膚あれが起きます。

3つ目が、自律神経

筋肉が硬くなり神経が支配する血管や胃腸、あるいは膀胱や子宮などの筋肉が硬くなって凝ります。その結果、冷え性、胃腸の不良、頻尿、生理痛が起きてしまうのです。

マイオセラピーは神経根の酸素不足を改善することが主な目的で深層筋をほぐすことで改善していくのが主な目的です。

脊椎の身体の深部にある椎間孔は血行障害が起こり易く、生活にて身体を動かす機械が少なく、その中でも最も動かないのが脊柱。すなわち神経根の血液循環が悪くなる。その結果酸欠が起こり、これが長く続くと末梢神経にまでに悪い影響を及ぼすのだ。

マイオセラピーでは筋硬結(筋肉のコリ)を消失させることを目的にしていく治療法です。

マイオセラピーの効果が期待できる症状

(1) 整形疾患… 痛み(例:顎の痛み(顎関節症)、首痛、首コリ、肩痛(五十肩)、肩コリ、背部痛、肘痛(テニス肘やゴルフ肘など)、手・指痛(手根管症候群)、腰痛(ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、臀部痛、股関節痛、座骨神経痛、膝痛など)、可動制限(例:腕が上がらない)、側彎、手首の腱鞘炎、手指のしびれ、こわばり、突き指、ばね指、繰り返す足首の捻挫、骨折癒合後の不調、打ち身(打撲)など

(2) 婦人科疾患… 生理痛、生理不順、逆子など

(3) 胃腸科疾患… 胃腸の不調、便秘、慢性下痢、膨満感、胃のむかつきなど

(4) 循環器疾患… 冷え性、むくみ、不整脈、原因不明の高血圧など

(5) 呼吸器疾患… 喘息、息苦しさなど

(6) 泌尿器科疾患… 頻尿、尿漏れ、夜尿症、尿閉気味、膀胱炎など

(7) 眼科疾患… 眼精疲労、仮性近視など

(8) 耳鼻咽喉科疾患… 耳鳴り、気圧の変化による耳の奥の痛み、慢性鼻炎、喉に何かが詰まっている感覚、飲み込みにくい、飲食物をむせる、メニエール症状など

(9) 皮膚科疾患… 皮膚の荒れ(肌荒れ)、踵のかさつき・ひび割れ(皮膚の硬化・肥厚)、脱毛、虫さされ、火傷・湿疹などの皮膚の障害部位が長期間治りにくい、皮膚の黒ずみなど

(10)肛門科疾患… 痔疾など

(11)神経科疾患… 頭痛、顔面痛など

(12)精神科疾患… うつ、自律神経失調症など

(13)その他… 繊維筋痛症、筋筋膜疼痛症、VDT症候群(パソコンに起因するドライアイ、頭痛、肩コリなど)など

(※以上の症状などは神経障害の部位や程度により、単独に出現したり複数で出現したりするケースも多く一般に、若年者には単独の症状が現れ、30歳代以降の方には複数の症状が同時に現れます。)

なかなか治らない症状に東京でもまだ導入の少ない最新治療マイオセラピーを是非おためし下さい。

マイオセラピー療法

マイオバイブ/MyoFit

“1.マイオセラピーの対象症状は?
マイオセラピーの効果が期待できる症状などには以下のものがあります。
整形疾患⋯痛み(例えば:あごの痛み(顎関節症),首痛,首コリ,肩痛(五十肩),肩コリ,背部痛,肘痛(テニス肘やゴルフ肘など),手・指痛(手根管症候群),腰痛(ぎっくり腰,椎間板ヘルニア,殿部痛,股関節痛,坐骨神経痛など),可動制限(例えば:腕が上がらない),側彎,手首の腱鞘炎,手指のしびれ
こわばり,突き指,ばね指,繰り返す足首の捻挫,骨折癒合後の不調うち身(打撲)など
(2)婦人科疾患⋯生理痛,生理不順,逆子,など
(3)胃腸科疾患⋯胃腸の不調,便秘慢性下痢,膨満感,胃のむかつき,など
(4)循環器疾患⋯冷え性,むくみ,不整脈,原因不明の高血圧,など
(5)呼吸器疾患⋯喘息,息苦しさ,など
(6)泌尿器科疾患⋯頻尿,尿漏れ,夜尿症,尿閉気味,膀胱炎,など
(7)眼科疾患⋯眼精疲労,仮性近視,など
(8)耳鼻咽喉科疾患⋯耳鳴り,気圧の変化による耳の奥の痛み,慢性鼻炎,喉に何かがつまっている感覚がある,飲み込みにくい,飲食物をむせる,メニエール症状,など
(9)皮膚科疾患⋯皮膚の荒れ(肌荒れ),踵の皮膚がかさかさになって割れる(皮膚の硬化・肥厚)脱毛虫,喰われ・やけど・湿疹などの皮膚の傷害部位が長期間治りにくい,など),皮膚の黒ずみ,など
(10)肛門科疾患⋯痔疾,など
(11)神経科疾患⋯頭痛,顔面痛,など
(12)精神科疾患⋯うつ,自律神経失調症,など
(13)その他⋯線維筋痛症,筋筋膜疼痛症,VDT症候群,など
(以上の症状などは,神経障害の部位や程度により,単独に出現したり,複数で出現したりします。一般に,若年者であれば,単独な症状が現れることがありますが,30歳代以降では複数の症状が同時に現れます。)”