美容鍼

はり、きゅう美容と言うと一般的な治療鍼灸とは違うイメージがあるかもしれませんが、実は鍼灸治療の一分野であり、何千年もの昔から(美容を目的として行われてた鍼灸)と言うだけで特別なものではないのです。
実際に中医学では中医美容学という存在するんですよ。

患者様に多い症状としては、シワ、たるみ、むくみ、しみ、肌荒れ、乾燥肌、脂肪肌、脱毛症、肥満など、その症状は容姿に支障をきたすことから、お肌のトラブルと思われがちですが、実は半健康状態の徴候と考えることができます。
しかし曙橋らいおん❤️ハリキュウ整骨院では腰痛、肩こり、慢性痛、不定愁訴等や他に治療だけにとどまらず、(美容)に対しても非常に優れた効果を発揮します。
鍼灸発祥地である中国では美は健康を基礎として成り立っもの、健康と美容は表裏一体であるという考え方があり、美容に対して鍼灸治療は盛んに行われて来ました。

顔にはりを刺すことで、小顔に美白、しわ、たるみ、クマなどの改善が期待できます。

単なる美容にとどまらず、東洋医学に未病を治すという考えがあります、本格的な慢性疾患、生活習慣病は一旦、発病してしまうと治癒が困難であることから、なる前に予防しておこう、そのために先に治療をしておこうという考え方です。
生活習慣病や増加した高齢者の健康寿命延長対策にも有効です。
海外やアメリカはもちろんのこと、高齢化社会の日本では未病治療の医学が注目されています。(体表の一定の部位にハリを打っ、きゅうを行うだけの体にやさしい自然な治療です。)

その為、外科手術や薬物が必須となるような重篤な症状や疾患には適応しないのですが、一方で頭痛、肩こり、腰痛、眼精疲労、神経痛、うつ病、生理不順、不定愁訴や他等々など病院(現代医学)では根本的な治療が困難な慢性的な疾患や不定愁訴などの症状に対して奏功する場合が少なくありません。
東洋医学の求本という根本を求める。
病気を治すことはその根本的な原因を探りだし、その原因に応じた治療を行うということです。
身体の表面と内臓は有機的に結びついていると考えるため。
顔など局所に生じた問題も、実際にはその一部だけの問題でなく根本的には内臓や体全体に関係していると考えます。

はりやきゅうの製造技術の発展により、安心、安全、に気軽に新宿あけぼのばし、らいおん❤️ハリキュウ整骨院で鍼灸を受けて頂けることが大きな特徴です。

次に皆さんが気になる美容効果を上げていきます。

●損溶性疾患の改善

1.たるみの改善・・・リフトUP.筋肉の活性改善

2.はり弾力・・・真皮層、線維芽細胞を活性

3.潤い・・・皮脂腺の活性調節

4.くすみ、むくみ・・・リンパ、血流、循環機能活性

5.免疫力アップ、ホルモンバランス改善

lionseikotsuin

●禁忌

1.体力消耗時
2.発熱時
3.外傷炎症
4.レザー治療直後
5.ピーリング直後
6.うぶ毛そり直後

●患者さまがおこなう治療後の注意

1.血流が上がりすぎないこと。
2.水分を充分にとること、安静、睡眠を充分にとること
3.刺激性の食事を避ける。
4.長時間のサウナや入浴。

曙橋らいおん❤️ハリキュウ整骨院で美容と共に健康も改善していきましょう。