自律神経失調症で心身ともに強い不調を抱えて、生活の質を落とされた辛い方へ

自律神経失調症がひどく、こんな悩みありませんか?

やる気や気力の低下(疲れやすい)

倦怠感、不安、イライラ、怒りっぽい

気分の落ち込み、憂鬱、マイナス思考

体のだるさ・頭痛・便秘や下痢・動悸・ほてり・しびれを感じる

自律神経失調症の原因

自律神経は全身の器官をコントロールしています。

現代人の多くは、ストレス、疲労、不規則な生活や偏った食事などが生体リズムを狂わせます、生活環境の変化などで活動時の交感神経が刺激され、リラックス時の副交感神経が不活性になやすいです。

また、更年期障害では女性ホルモンの分泌量が減少することで、より自律神経の乱れにつながりやすいです。

入浴や睡眠、リラックスした時間で自律神経のバランスは回復しますが、バランスが乱れる事でうつ病や不安症の症状の一部など様々な心身の不調を感じるようになってしまいます。

精神的ストレスでも体調をくずしやすい感受性が過敏な方や、几帳両で努力家、まじめな性格の方がなりやすいです。

検査で正確に調べる方法がありません。

悩む人が多くなる病気であり、周りから理解がされづらい症状です。

自律神経失調症の病院での治療法

調整剤の服用
心療内科でのカウンセリング
定期的な運動

楽になる当院の施術とは?

自律神経

「自律神経」という言葉を、一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、これは「交感神経(sympathetic nerve)」と「副交感神経(parasympathetic nerve)」の2種類に分けることができます。2種類だけです。
しかしながら、私たち人間が健康で、心身ともに平和にその人生を過ごすことができるかどうかは、このたった2種類の神経がカギを握ります。
どうしてかといいますと、人間の心と体の機能は自律神経が支配しているからです。

私たちは毎日食事をします。口で噛んだ食べ物を飲み込むと胃袋に入ります。胃袋がちゃんと食べ物を吸収しやすい状態にするには自律神経が適切に作用する必要があります。
胃袋の次に食べ物は腸に送られますが、腸がしっかりと食べ物から栄養を吸収するには、自律神経の働きが必要です。
そして、トイレに行くべき時に行く、これも自律神経がコントロールしています。運動すれば心臓の鼓動は速くなります。
自律神経がそのように作用しているのです。天気が寒い時は全身の血管を縮めて体温が下がらないようにする、天気が暑い時は全身の血管を緩めて体に熱がこもらないようにしたり、汗を出したりする。これも自律神経です。
仕事をしているときは意識を集中させ、夜寝る時間になったら気分を落ち着かせ、ちゃんと寝れるようにする。自律神経がそのようにさせております。

「自律神経失調症」という言葉を一度は耳にしたことがあるかもしれません。読んで字のごとく、自律神経がダメになってしまうことです。
先ほど、「人間の心身は自律神経がコントロールしていて、健康で平和な人生を過ごせるかどうかは自律神経がカギを握っている」と申し上げました。
自律神経がダメになるとはいったいどういうことなのでしょう。簡単に言ってしまえば、日常生活に支障が出てしまうということです。食事、睡眠、精神状態、生理的な反応。
これらは全て自律神経がコントロールしています。これらに支障が出てしまうということは、人生そのものに支障が出てしまうということです。
自律神経失調症になってしまうと、食べ物がちゃんと消化できずに栄養不足になり力が出ない、眠いのに寝れない、暑くもないのに汗をかいてしまう、いつもなんだかイライラする、いつもトイレが近い、病気でもないのに体が痛む、などといった非常に厄介な症状がたくさん出ることになり得ます。

鍼灸について興味を持たれているのであれば、「全身治療」とか、「根本的な治療」、あるいは「患者様一人一人に合わせたオーダーメイド治療」などという言葉を聞いたことがあるかもしれません。
これらを全部まとめて、たった一言で表現するのであれば、「その人の自律神経を調節する治療」ということです。
鍼灸師を目指す学生たちは、鍼灸学校によって多少カリキュラムは違いますが、最初の1年目の後半、或いは2年目の前半で、鍼灸はなぜ効果があるのか、どのようにして効果を出しているのか、ということについて学習します。
結論から言ってしまえば、「鍼灸や深層筋治療やマイオセラピー整体は自律神経に直接作用するから効果がある」ということであり、どのように自律神経に作用するのかということについて教科書の大部分のページを使って細かく解説しております。
自律神経の調節は、鍼灸という医術が最も得意としている分野の一つであり、学校の最初の1年で勉強するような最も初歩的な考えであると同時に、先人たちが切磋琢磨して極め、世の中に広めようとした叡智の結晶でもあるのです。
自律神経失調症の諸問題でお困りの患者様は、ぜひ一度ご相談ください。